ぬるめのお湯でストレス解消

お彼岸が過ぎ秋もいよいよ本番です。

 

いままでは、シャワーで済ませていたお風呂も、そろそろ湯船につかってじっくり暖まりたいなと思う季節になりました。

 

お風呂のお湯は熱い方が好きな人、ぬるめが好きな人といろいろみえるとも居ますが、お湯の温度で効果がまったく違うそうです。

 

心身ともに休息させてリラックスしたいときは、ぬるめが正解だそうです。夏なら38~40℃、冬なら41℃位のややぬるい湯にじっくりつかりましょう。
ぬるめの湯につかると、脳内の副交感神経が刺激されます。副交感神経とは、体を緊張からときほぐしてリラックスさせる神経です。

 

反対に、42℃以上の熱い湯は、交感神経が優位になります。心臓の鼓動が高まり、血の巡りが活発になって、体はいわゆるエネルギッシュ状態になります。

 

つまり、気分をリラックスさせてストレス解消したいときは、ぬるめの湯、しゃきっとしたいときは熱めの湯が効果的といえるわけです。

 

岐阜は県全域でいろんな温泉が楽しめます。いろんな温泉を楽しみたいものですが、いそがしいとなかなかそうもいきません。

 

[amazon:B001QWM7SE]

 

マッサージやミストの機能付きシャワーヘッドでお風呂を楽しみリラックスするのもいいかもしれませんね。