二十代を過ぎたら減少していくヒアルロン酸

最近よく耳にする「ヒアルロン酸」という言葉。

特に美容整形では、シワやたるみ、ニキビ跡などにヒアルロン酸を直接注射して改善するようです。

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質なので安全ということですが、吸収が早く効果が短いそうです。

ヒアルロン酸は、元々皮膚や軟骨などに多く含まれているムコ多糖類の一つで、20歳代をピークに年齢と共に減少していくので、これが減少してしまうと、人間の身体は水分保持が出来なくなり、肌の乾燥や衰え、関節の節々に違和感を感じるようになってしまうそうです。

ヒアルロン酸は、わずか1グラムで6リットルの水分を吸着すると言われている成分で、優れた保水性を持っています。

この高い保水性と安全性が注目されて、美容整形や化粧品、健康食品、サプリメントなどで世間の話題を呼んでいるとのことです。

ヒアルロン酸を摂取していけば、丈夫な肌が作られると共に、乾燥肌を予防、改善することが出来ます。ただし、ヒアルロン酸の代謝は非常に早く、表皮部分では一日でなくなってしまいますので、毎日摂取しなければなりません。

ヒアルロン酸は化粧品の原料としてよく使われています。なぜなら、皮膚に吸収されやすく、角質層の水分量を高めてくれ、保湿性を一定に保つ特性を持っているからです。

[amazon:B004S47BN8]

ヒアルロン酸配合の化粧品の中でも、天然ヒアルロン酸を使用したものは、肌にも優しいので安心して使って頂けます。肌のトラブルに悩んでおられる方は是非使ってみてください。