国際陶磁器フェスティバル美濃’11開催

3年に1度開かれている「国際陶磁器フェスティバル美濃’11」がオープンし、10月23日まで多治見市、土岐市、瑞浪市の24会場で陶磁器まつりや展覧会など多数の関連イベントが開 かれます。

 

メインイベントは「第9回国際陶磁器展美濃」で世界各国から2,777点の応募があった国際的なコンペティション。会場には190点(うち入賞作品25点)の作品を一堂に展示されます。

 

その他のイベントをあげると、

○ ナイトミュージアム あかりアート展

陶製の”あかり”の器(とうろう・ランプシェードなど)800点を展示。

○ 美濃の器で味わうオリジナルスイーツ 茶房”菓・器・喰・結・構”

美濃焼の器やスイーツとの出会いを楽しめる茶房。器を持ち帰れます。

○ 美濃焼産地のグルメと地酒”食と器を楽しむ”

美濃焼の酒器による地酒の試飲、地元グルメのオリジナル弁当を提供。

○ 大美濃焼市

和洋食器の販売や、家庭にある未使用食器と美濃焼との物々交換を実施。

○ ウェルカムモール 穴蔵横丁

地元の食品や陶芸品など、お土産品を中心とした販売を実施。

 

[amazon:B0049YUHVA]

 

このほかにもいろんな催しが開催され多くの人が集まりそうです。

アートとしての陶磁器と、食器としての陶磁器のいろんなカタチに触れられるので是非一度見てみたいものです。