肉質がやわらかい岐阜のブランド肉「飛騨牛」

「飛騨牛」とは、飼養期間が最も長い場 所が岐阜県であり、岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種の肉牛のうち、 社団法人日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付により肉質等級5等級・ 4等級・3等級と格付けされたものであることを協議会事務局が確認し、 認定したものだそうです。

 

飛騨で育てられていなくても、岐阜県内なら「飛騨牛」と呼んでもいいそうですが、生産者のほとんどが飛騨にみえるそうです。

 

「飛騨牛」と認定された場合には、飛騨牛表示ラベルが交付され、 飛騨牛表示ラベルには、肉質等級、生産者住所氏名、個体識別番号、認定日を明記することになっており、岐阜のブランドとして確立しているわけです。

 

飛騨牛の特徴としては、

■霜降りが多い
■筋肉繊維が細いので肉質が柔らかい

と言われています。

 

その為、飛騨牛を食す際は、柔らかい肉質ならでの味わいを楽しめるステーキが人気のようです。

続いて、しゃぶしゃぶ。
霜降りの肉を軽くしゃぶしゃぶして食べると、肉本来の旨みが楽しめ、
しかも、柔らかい肉の霜降りだから口の中でとろける。
そして、すき焼き。
甘くない割り下だと肉の旨みを楽しめます。

 

[amazon:B004ODDUZG]

 

そのほか、飛騨だけでなく、岐阜県内で飛騨牛を使った商品が作られ、全国で販売されています。