雨は心配なさそう 豪華絢爛 秋の高山祭り

10月9日、10日には、高山市で秋の高山祭りが開催されます。

 

高山祭とは、春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」、二つの祭をさす総称だそうで、16世紀後半から17世紀の発祥とされており、江戸時代の面影を残す伝統行事として行われ、毎年大勢の観光客が訪れます。

 

高山祭りはなんといっても美しい屋台が特徴で、[動く陽明門」とも呼ばれる国の重要有形文化財で、秋空の下、町中を曵き揃えられます。

 

屋台は貴重な文化財である為、雨天や雨が降りそうな時は曵き揃えはおこなわおこなわれず、祭行事は全て中止になってしまします。

 

雨が降れば、地元は経済的にも大打撃を受けるので、天候が気になるところですが、週間予報を見る限りでは雨は心配ないようです。

 

[amazon:B0052QHJ42]

 

祭行事の主な見どころとしては

御神幸(祭行列)

闘鶏楽(とうけいらく)、裃姿(かみしもすがた)の警固など伝統の衣装に身をつつんだ総勢数百名の大行列が、お囃子や雅楽などを披露しながら町を巡ります。9日午後に八幡宮を出発し町を巡ります。10日午前八幡宮を出発し、お旅所を経由して八幡宮へ帰っていきます。

 

からくり奉納

八幡宮境内では9日・10日とも1日2回、布袋台によるからくり奉納が披露されます。2人の唐子がアヤを渡って布袋に飛び移り、布袋が軍配を一振りする巧妙なからくりが見どころ。綱さばきによる動きとは思えない、人形たちの演技に魅了されます。

 

屋台曳き揃え

秋の空の下、国の重要有形民俗文化財である八幡祭の屋台11台(今年は10台)が曳き揃えられます。9日・10日とも布袋台は八幡宮境内に、他の屋台は表 参道に登場。屋台彫刻や見送幕、構造の細部まで鑑賞できる機会とあって、多くの人々が屋台を囲み感嘆の声をあげています。

 

屋台曳き廻し

9日午後に行われる屋台曳き廻しは、秋の高山祭だけの貴重な行事。4台の屋台が町を巡る姿が眺められます。4台のうち神楽台・鳳凰台は毎年登場。残る2台 は布袋台を除く屋台から交代で参加します。今年は前述の神楽台・鳳凰台に加え、神馬台・豊明台の計4台が登場し動く屋台の美しさや構造の特長をお披露目し ます。

 

宵祭

高山祭のもう一つの魅力を教えてくれるのが、9日の夕方から始まる宵祭。それぞれ100個もの提灯を灯した屋台が町を巡り、伝統の曳き別れ歌「高い山」を歌いながら、各屋台蔵へと帰っていきます。ゆらゆら揺れる灯りが闇夜に映え、秋の情感をかきたててくれます。