豊かな自然の中で生まれた岐阜県のお茶

岐阜県では北アルプス、中央アルプスなどの山々とそれを源として揖斐、長良、木曽の三つの川が悠々と流れています。

そんな豊かな自然の中で作らているのが 『 美濃茶 』です。

生産量こそは多くはないですが、全国でも知名度の高い銘茶として、多くの人に親しまれています。

『 美濃茶 』 には、西美濃地域の『 美濃揖斐(いび)茶 』 と、美濃中央地域を中心とする『 美濃白川茶 』 の二大銘柄が有名です。

 

揖斐茶

『 揖斐茶 』 の栽培されている池田山麓周辺は、揖斐川伏流水にも恵まれ、お茶の栽培に適した水はけの良い扇状地です。
主な生産地は池田町や揖斐川町です。
特徴としては、まろやかで深い味わい、香り高い高級茶として全国各地で親しまれています。

 

[amazon:B004ZVG0I6]

 

白川茶

『 白川茶 』 の多くは、標高の高い急な山を切開いた茶園で栽培されています。
白川、赤川沿いの傾斜地では朝夕と湿度が多く水蒸気が山にあたって川霧が覆う為、常に空気に適度な湿り気があり、お茶の生産に最適なのです。
そんな白川茶の特徴は、さわやかな香りと渋みが少なく、まろやかと言われています。
白川茶の始まりは室町時代(1400年頃)、美濃国加茂郡大沢村(現:東白川村)の蟠龍寺の住職が、京都の宇治から苗を持ち帰り、村人に栽培を広めたのが始まりとされています。

[amazon:B004X4KJHI]

 

揖斐茶、白川茶の他にも、『恵那茶』、『下呂茶』、『津保茶』、『郡上番茶』などの銘柄があり、それぞれ味わいのあるお茶です。