長良川鵜飼

岐阜の夏の風物詩といわれる長良川鵜飼は、毎年5月11日から10月15日まで行われており、1300年ほど前からの漁法を今に伝える観光として岐阜においては重要な観光資源です。鵜飼は権力者の贅沢の一つだった為、その時々の権力者に護られてきました。現在は宮内庁の直轄で、長良川の鵜匠は職名「宮内庁式部職鵜匠」といい、日本で唯一の皇室御用の鵜飼であり、岐阜県の指定無形民俗文化財でもあります。

鵜飼は鵜匠が10~12羽の鵜を見事な手縄さばきで操り、鵜匠と鵜は呼吸の合った動きを見せ、見事に鮎を捕らえてきます。

俳聖・松尾芭蕉は「おもしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」という有名な一句を残しています。また、昭和11年と昭和36年の2度にわたり、チャップリンも見物のために来岐。鵜匠をアーティストと賞賛し「ワンダフル」を連発したといわれています。

観覧船に乗船して見学する事ができ、暗闇に満ちた水面にかがり火を焚いた鵜舟がゆっくりと現れ、鵜が鮎を捕らえる様子を眺める事ができます。目の前で、勇壮な歴史絵巻が繰り広げられ、幽玄の世界へと誘います。

詳しくはこちらまで。岐阜市のぎふ長良川鵜飼のHP http://www.ukai-gifucity.jp/ukai/

[amazon:B0048YSC0O][amazon:B0048YU428][amazon:B0048Z4N6K]